建設業許可建設業許可

LINE問い合わせ

建設業関係の許可取得・更新、各種変更届、経営事項審査、入札 お任せください

当事務所では、建設業許可が必要な全ての企業・個人事業主様へサービスを提供しております。

建設業許可の取得で、お悩みありませんか?

建設業許可を取れる条件を満たしているか分からない。

申請する書類をどう揃えるか分からない。

元請けから許可を取るように言われた。

今後大きな金額の工事を請け負いたい。

のようなお悩みに対して、お客様一人ひとりの状況をヒアリングし、許可取得への取り組みをおこなっております。 


お客様の声

申請に対する的確なアドバイスと、ていねい・スピーディーな対応。
まつがみ事務所のおかげで、迅速に建設業許可を取得できました。

株式会社丸越塗装店
代表取締役 一級塗装技能士
越川祐太様

株式会社丸越塗装店は2023年7月25日に建設業許可(塗装降事業)を取得されました。建設業許可の取得を検討された経緯、申請サポートを行政書士まつがみ事務所に依頼した決め手、今後の展開などについて、株式会社丸越塗装店 代表取締役 越川祐太様に詳しくお話を伺いました。

大きな現場を任せてもらえる機会が増え、建設業許可取得を考える

──丸越塗装店について教えてください。

丸越塗装店は2014年に私が個人事業で塗装業を始めたのがスタートです。個人として9年間事業を行い、2023年2月に法人化し、株式会社丸越塗装店となりました。もともと中学時代の夏休みなどに塗装業で手伝いをしたのが、この仕事に就くきっかけです。父と叔父が塗装業をしていた影響もあり、中学を卒業してすぐに塗装業に就職し、幅広い塗装の現場を経験してきました。勤めているころは25歳で独立しようと考えていました。

実際に独立したのは24歳のときです。25歳で独立と思いながら仕事をしてきましたから、だんだんと独立という流れになりました。やはり5年先、10年先に自分の思い描いているものがあると、自然とそこに近づけるように行動するんだと思います。
独立は何のあてもないゼロスタートです。いわゆる営業活動も一切していません。知り合いの紹介で小さな現場から始めて、仕事を見てもらい信頼してもらって、次第に大きな現場から声をかけてもらえるようになりました。
ここ2年~3年でだいぶ仕事も安定して、新築の住宅などはもちろんのこと大型の商業施設や物流センターなど、かなり大きな現場を任せてもらえる機会が増えてきました。従業員も徐々に採用しており、現在では7名になりました。そういったこともあり、法人化し、建設業許可(塗装工事業)を取得しようと考えました。

「先生」という取っつきにくい感じがなかった

──法人化、そして建設業許可を取得しようというきっかけはありましたか。

法人化に関しては、いまの仕事に加えて、公共工事への参入を考えているからです。今後は塗装業界で幅広く仕事をしていきたいので、公共工事など新しい分野に挑戦するには、個人では限界があり、法人化する必要がありました。

建設業許可は、徐々に大きな現場に呼ばれるようになり、かなり大きな依頼が来るようになりました。元請けの会社から「早く許可を取ってほしい」という声も聞こえていました。
直接的には大規模なビルの塗装業務の依頼があり、数年間に渡っての工事となります。その現場に参画するには建設業許可が必要だといわれたのが、許可取得の行動を起こす直接の原因になりました。

──建設業許可の取得について行政書士まつがみ事務所に依頼されましたが、依頼先はどのようにして決めたのですか。

目の前に具体的な塗装業務の依頼があり、できればその工事に入る前、6月中に建設業許可を取得して欲しいといわれていました。実際に依頼先を探し始めたのは5月に入ってからです。最初は近所の方がいいだろうと、地元の行政書士事務所に電話をしましたが、いまは手が空かないし忙しいからと断られました。その他にも法人化したときに営業の電話をしてきた先や会計事務所の紹介で電話をした先がありますが、こちらは「時間的に無理」と断られました。
そんな中でネット検索で見つけたのが行政書士まつがみ事務所です。Webサイトも見やすくていい感じでした。電話連絡をした際も「先生」という取っつきにくい感じではなく、ていねいな口調で話しやすかったので、お願いしたいと考えました。

 長くおつき合いできる事務所と判断

──行政書士まつがみ事務所への依頼を決めた理由を教えてください。

依頼の決め手となったのは下記の3つです。

1. 期限に対しての的確なアドバイス。
打診した他の事務所では「時間的に無理」といわれましたが、まつがみ事務所からは「建設業許可取得までは時間的に難しいが、申請はできます。申請を受理してもらえれば、建設業許可の要件は満たしていることになります」とアドバイスをもらいました。そして申請から許可が下りるまでは通常45日程度かかることも教えてもらいました。そもそも動き始めた段階で、時間的にはかなり厳しい状況だったわけです。
単に時間的に無理、ではなく、時間内に申請できれば許可の要件を満たしていることを教えてもらい、元請けに話しをしたところ、よい返事をもらえました。

2. 価格が適正な安心感。
まつがみ事務所の建設業許可新規取得の料金は、問い合わせた他事務所と比較して適正だと感じました。他の事務所の料金は、まつがみ事務所と比較すると1.5倍以上でした。結果的にですが、適正な価格で対応してもらえたことは、許可の更新や経営審査事項といった今後依頼していく内容に関しても、適正な料金で対応してもらえるという安心感があります。

3. 長くつき合える事務所、行政書士と判断。
実は独立当初からおつき合いしてきた税理士が、高齢を理由に引退されました。たいへんよく面倒を見てくださいましたし、ずっとおつき合いしていきたいと思っていただけに、とても残念でした。その後、おつきあいを始めた税理士は、残念ながら当社のやり方には合わず。半年くらいで他の税理士に変更しました。
こうした経験がありましたので、今回、建設業許可の依頼に際しても、長くお付き合いできる行政書士であることを求めていました。電話での対応や話をした際の真摯でていねいな応対は信頼に値すると判断しました。

非常にていねい、かつスピード感ある対応に満足

──建設業許可を取得するには、多くの書類を準備する必要があります。そうした申請までの準備はいかがでしたか。

こちらでも調べてはいましたが、建設業の許可を本当に取得できるのか、不安な部分もありました。ですので、まずその点をまつがみ事務所に確認したところ、大丈夫だという返事を貰えました。そして申請に必要となる書類の一覧表とチェックシートをもらい、こちらで書類の準備を始めました。ざっと数えると25種類ほどの書類が必要で、最初は焦りました。中には確定申告の控えなど、普段から提出する機会が多いものもありました。ただ、5月は先にお話しした税理士の変更も同時に行っており、そちらにも時間が取られ、準備に時間がかかった書類もありました。
まつがみ事務所に書類について確認をすると、「こんな書類です」とサンプルを送ってくれたり、「ここに行くと取れますよ」とアドバイスをくれました。

書類が揃いまつがみ事務所に連絡したところ、すぐに松上先生が取りに来てくれました。実際に申請が受理されたのが、6月16日で、7月25日に許可が下りました。

──まつがみ事務所の建設業許可の申請サポートを評価してください。

非常にていねい、かつスピード感ある対応に満足しています。
松上先生の人柄なのか、とても聞きやすく相談しやすい対応にずいぶんと助けられました。普段のやり取りをLINEでできたこともよかったポイントです。やはり電話をかけるって緊張しますし、いまのタイミングで電話をかけて大丈夫かとも考えてしまいます。逆にこちらも電話だと出られないときがあります。
LINEでのやり取りだと、お互いにちょっと空いた時間に質問をして、回答をもらって次に進めます。スムーズにやり取りができましたね。

公共工事への参入、そしてすべての塗装業を手がけたい

──建設業許可を取得された丸越塗装店として、今後の展開などお考えのことがありましたらお教えください。

まず、依頼されている塗装の現場に入るときに建設業許可が取れていたことで、元請けにも安心してもらえました。今後については、先ほどお話しした公共工事への参入を考えています。そのためにも建設業許可を取得できたことは、大変よかったと思います。また、塗装業の場合、おおまかにいうと建築塗装業、鉄骨塗装業、そして住宅の塗装業があります。ほとんどの会社はこの中の1つの分野だけに取り組むことが多いのですが、当社としては3つすべてができる会社になりたいと考えています。実際、個人事業の段階から3つの分野の塗装を手がけてきていますし、経験、ノウハウも蓄積しています。現実問題としては、なかなか全部を一度にとは行かないと思いますが、10年後には常に3つの分野の塗装を手がけている会社にできればと考えています。そのためにも若手従業員などの採用から人材育成にも注力していく考えです。

まつがみ事務所には、更新や経営審査事項のお願いをしていくことはもちろんですが、新たな許認可が必要になったり、経営に関するアドバイスを求めたりすることがあるかと思いますので、よろしくお願いします。

──まつがみ事務所へのリクエストや今後の期待などありましたらお教えください。

もし知人などで建設業許可の取得や許認可を考えている人がいたなら、「うちが信頼している行政書士さんです」と一番に紹介したいと思います。
当社としても更新や経営審査事項をお願いしていきますし、公共工事への参入などいろいろと計画していますので、都度いろいろなアドバイスやご提案をいただけるとたいへん助かります。ぜひ末長いおつき合いをお願いします。

丸越塗装店様、本日はお忙しい中、
貴重なお話をありがとうございました。

◎丸越塗装店
※ 取材日時 2023年8月
※ 取材制作:カスタマワイズ


建設業に専門特化した行政書士!建設業の許認可業務はお任せください!

建設業関係の許認可に専門特化した行政書士が対応いたします。

千葉県の建設業許可の新規許可申請、毎年の決算報告や5年に一度の更新手続き、各種変更届(役員変更など)の手続き対応のサポート。さらに、経営事項審査申請、入札参加資格申請などの手続きをサポートさせていただきます。

迅速

お客様からのお問い合わせはもちろん、依頼から依頼中の相互確認の連絡や申請状況の情報共有など、お客様が不安に思うことや知りたいことに対して迅速にレスポンス。許可取得も最短ルートで申請~取得まで取り組みます。

親切丁寧
士業にありがちな、専門用語中心の説明でお客様を置き去りに…。そのようなことが無いように、お客様一人ひとりに寄り添った対応をいたします。
「こんなことを聞いても大丈夫だろうか?」
「もう一度詳しく説明してほしい…」

不安なまま手続きが進まないようにサポートします。
返金保証
せっかく申請したのに不許可になったらどうしよう。。。
そのように考えるお客様も少なくないはずです。当事務所では、そのような万が一のリスクに備え、不許可時の返金保証を用意してあります。
※一部不許可につき、返金に応じられない場合がございます。内容についての詳細は返金保証規定を必ずご確認ください。

ご依頼の流れ

依頼の流れ


ご相談は下記にお電話いただくか、無料相談お申込みフォームからご連絡ください。

建設業許可

建設業許可

このような方に、当事務所のサービスをご活用いただけます!

  • 建設業許可の要件が足りているのか分からない
  • 自分で申請準備をしてみたが時間がかかりすぎる
  • 取引先から建設業許可を取るように言われた
  • 昨今のコンプライアンスの高まりから建設業許可を取得しておきたい
  • 請負い金額の大きい仕事をしたい

お悩み建設業許可の要件がたりているか分からない

建設業許可取得において、様々な要件を満たしていなければなりません。
要件の種類を大きくわけると「ヒト」「モノ」「カネ」になります。

「ヒト」➡常勤役員等(経営業務の管理責任者=経管)、専任技術者(専技)。常勤性や経験年数などの証明。欠格要件等に該当しないこと。
「モノ」➡営業所の所在証明。
「カネ」➡財産的基礎又は金銭的信用を有すること。

建設業許可の中でも「ヒト」の部分に関しては、証明する内容や揃えるべき書類などが種類&量ともに非常に多いのが特徴です。申請要件の80%近くを占めるといっても過言ではないかもしれません。

慣れていない場合はもちろん、慣れている場合でも時間がかかります。
専門家である行政書士にお任せするのが良いかもしれません。

 

お悩み自分で建設業許可の申請準備をしてみたが時間がかかりすぎる

自分で申請準備をする。
例えば、今まで申請手続きを十数回やってきた経験があれば比較的スムーズに申請まで行えるかもしれません。しかし、慣れていない場合には申請まで平均10~30時間程度、また要件が複雑になった場合には50時間近くかかってしまうこともあります。

想像してみてください。本来業務に投資できる時間を申請に費やしてしまう…。

申請の準備、書類作成で稼ぎは発生しません。費用対効果でみても、迷いながら自分で申請するのか、その時間を本来業務にあてて申請準備は行政書士に丸ごと任せてしまうか、どちらが良いかはお分かりいただけると思います。

申請準備などでお悩みのお客様は、ぜひ一度行政書士に相談していただければと思います。

お悩み取引先から建設業許可を取るようにいわれた

「今度から建設業許可を取っておいてほしい」今までは許可を持っていなくても工事を依頼されていたが急に元請けから言われた。
理由などは後述しますが、このようなことも少なくありません。もしかしたら、ご覧になっているお客様の中にも実際に同じことがあった…。ということも。

コンプライアンスへの取り組みの一環や、許可要件「ヒト」「モノ」「カネ」をクリアしている信頼度の証明にもなるため、今まで以上に建設業許可を求められる場面は増えています。

お悩みコンプライアンスの高まりから建設業許可取得しておきたい

上記の「取引先・元請けから建設業許可を取るようにいわれた…」にあるように、コンプライアンスへの取り組みの一環として、許可が必要とされる場面は増えています。
そのため、今後もますます増えると考えて良いと思います。
結論として、行政から許可取得している、許可取得していない、大事な仕事をどちらに依頼するか?どちらを選ぶか、結果は想像できると思います。

お悩み請負い金額の大きい仕事をしたい

建設業を営もうとする者は「軽微な建設工事」のみを請け負う場合を「除き」、建設業の許可を受けなければなりません。

建設工事の完成を請け負うことを営業するには、その工事が公共工事であるか民間工事であるかを問わず、建設業法第3条に基づき建設業の許可を受けなければなりません。

建設業の許可とは 国土交通省HP


上記にある軽微な建設工事以外の「500万円”以上”」「1,500万円”以上”」「150㎡”以上”」と大きな金額・規模の建設工事を請け負う場合、
建設業許可が必要になります。

金額、規模ギリギリだから大丈夫…と思っていても工事完了までに追加工事や資材提供などで予定していた金額を超えてしまい、結果として建設業許可が必要だった。
こうならないためにも、余裕をもって建設業許可の取得しておくことをおすすめします。


行政書士まつがみ事務所の特徴

建設業に専門特化している行政書士です

まず、行政書士の業務範囲は広く、相続・遺言、成年後見、農地転用などの土地活用や市民法務…取り扱う業務は数十種類上になり、官公庁に提出する書類は10,000種類以上といわれます。

その為、行政書士業務の全てを得意業務としています!といった事務所は、まず存在していないと思います。

例えば、飲食店やっています。和食も中華も洋食も、フレンチも北欧料理や南米料理も全部得意です!じゃあ、その飲食店でイタリアンを食べよう!…となるでしょうか?

結論として、目的が決まっているのであれば、その目的の専門家に依頼する。建設関係の許認可取得が目的あれば、建設関係を専門特化した行政書士に依頼するのが一番良いはずです。

建設業許可を取ったら終わり、ではありません!

まず、当事務所は許可取ったら、報酬を支払ったら終わりではありません!
もちろん、新規許可や更新・変更届、事業報告書や経営事項審査申請のお手伝い後もご希望があればサポートさせていだたきます。
お客様が本業に専念する分、面倒となる手続きも当事務所が責任をもって対応させていただきます。

お客様のお悩みをフルサポートします!

業務遂行、会社経営、事業展開。進めていく上で、予期せぬ悩みはあるもの。
「これって、誰に?どこに相談したらいいんだろう??」
このような場合でも当事務所を窓口に、迅速に連携をとり解決に結び付けます。

建設業許可

建設業許可

当事務所アクセス

事務所名行政書士まつがみ事務所
所在地〒260-0031 千葉県千葉市中央区新千葉1丁目7−2
アクセス千葉駅 西口より徒歩1分
代表者氏名松上 隆良
TEL0434003124
MAILinfo★mtgm-office.com(メールの際は★を@に変換してください)   
営業時間平日10:00~20:00
休業日土日祝日(予約案件は休日も対応可)

ご料金一覧

ご利用料金についてはこちらからご確認ください。